仮想通貨Lisk(リスク)とは?

仮想通貨(暗号通貨)700種類以上存在すると言われていますが、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)を総称してアルトコインと呼びます。

今日は、そのアルトコインの中でも現在(2017月5月23日)急騰中で大きな注目をあびているLisk(リスク)に焦点を当てて記事を書きたいと思います。

Liskとは?

 

基本情報

通貨単位:LSK
発行上限枚数:無限∞
コンセンサスアルゴリズム:DPoS(Delegated Proof of Stake)

プラットフォーム名を「Lisk」

プラットフォーム内の仮想通貨名を「LISK」

と呼んでいます。

Javascript

Javascriptとはプログラミング言語のひとつで、Webページに組み込まれたプログラムをWebブラウザ上で実行するために用いられるものです。詳しい解説は仮想通貨の話題から逸れてしまうため、ここでは触れませんが、興味のある人は調べてみてください。

このJavascriptは人気の言語であるため、Webエンジニアが開発に参入しやすく、これがLiskが関心を持たれている特徴の一つであります。

分散型アプリケーション

分散型アプリケーションとは、1つ以上のローカルまたはリモートのクライアントが、ネットワークで接続された複数のマシン上の1つ以上のサーバと通信するアプリケーションです。

「DApps(Decentralized Applications)(ディー・アップス)」とも呼ばれています。非中央集権的なアプリケーションという事ですね。

他の仮想通貨で言うと既にEthereumに分散型アプリケーションを利用されています。

どの場所からでも業務処理を行う事ができるため、例えば企業が商品の発注、製造、請求処理、データベースの更新等をする際処理を分散して行うことができます。

これによりコストを削減し、企業は世界中の顧客にサービスを提供する事ができます。

同じように、仮想通貨としてDAppsのメリットは取引の処理能力が高く分散的で安全性が高いという事が挙げられます。

ビットコインはProof of Work(PoW)、EthereumはPowからProof of Stake(PoS)に移行するような仕組みをとっています。

ビットコインでは6つのマイニングプールが90%以上の採掘力を有しているのに対し、より分散的であるLiskはより安全性が高いと考えられています。

なお、LiskDAppsで立ち上げられたブロックチェーンの承認システムは開発者が自由にカスタマイズできるため、今後PoWPoSへの変更する事もできます。安全性がこちらの方が高いとわかれば、すぐにそちらにカスタマイズできるという事もメリットの一つです。

フォージング(鋳造)

取引を承認する事をビットコインではマイニング(採掘)と呼びましたが、

Liskではフォージング(鋳造)と呼びます。

具体的にはdelegate(取引の承認者)が選ばれ、その承認者に取引手数料と新規に発行されるLiskが支払われるという仕組みになります。

報酬については1年目は5LISK/ブロック、2年目は4LISK/ブロックといったように

1年に1LISK/ブロックずつ減少し、5年目以降は1LISK/ブロックが報酬となります。

 

サイドチェーン

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやり取りを行い、様々な機能を実装しようとする技術・プロジェクトのことです。

詳しい解説はLiskの話題から逸れてしまうので避けますが、これによるメリットは性能・処理能力の向上にあります。

複数のブロックチェーンを使って別々に動かすほうが処理能力は高くなるという事ですね。

 

Liskの購入方法

Liskは、国内取引所ではcoincheckでのみ扱われています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Liskの投資

Liskのチャート

f:id:hayato_h:20170523101928p:plain

過去3か月分のチャートを見てみますと、上昇の一途をたどっています。

3か月前からは約5倍とLiskへの関心の度合いは高まっていると考えられます。

投資手法

基本的には、分散投資をしてポートフォリオの一部として長期保有をするのが良いでしょう。他の仮想通貨が急騰する中、堅実な上昇を見せるLiskは、技術的な観点からも暴落の危険性は少ないです。

Liskの今後

Liskは、サイドチェーンによる承認スピードの早さはもちろん、
承認システムのカスタマイズや人気言語Javascriptを使用するなどの後発仮想通貨なりの改良がされています。

分散型アプリケーションではEthereumが既に存在していますが、Ethereumの普及に追随する形で、Liskも今後台頭してくるはずであると思われます。

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?

仮想通貨(暗号通貨)700種類以上存在すると言われていますが、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)を総称してアルトコインと呼びます。

今日は、そのアルトコインの中でも現在(2017月5月23日)急騰中で大きな注目をあびているZcash(ジーキャッシュ)に焦点を当てて記事を書きたいと思います。

Zcashとは?

基本情報

Zcash(ジーキャッシュ)
通貨単位:ZEC
発行上限枚数:2100万
承認時間:10分
コンセンサスアルゴリズム:プルーフ・オブ・ワーク(PoW)
開発元:Zcash Foundation

Zcashは2016年10月28日にリリースされた比較的新しい種類のアルトコインです。

ビットコインでは公開鍵(固有の文字列だと思ってください。)が取引の際に全世界に公開されるため、取引履歴を非公開にする事はできませんでした。

Zcashは、取引履歴を完全に非公開にするプライバシー保護を謳う仮想通貨で、利用者のプライバシーやセキュリティを守る点で注目を集めています。

ゼロ知識証明

この取引の秘匿性は、「ゼロ知識証明」という技術によって支えられています。

ゼロ知識証明(ぜろちしきしょうめい、zero-knowledge proof)とは、ある人が他の人に、自分の持っている(通常、数学的な)命題が真であることを伝えるのに、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法である。ゼロ知識対話証明(ZKIP)とも呼ばれる。

(Wikipedia)

つまり、ある命題が正しいことを証明する場合、相手に「その命題は正しい」ということ以外は何も伝えずに示す方法です。

わかりにくいので、話に例えますと次のようになります。

Pさんは、魔法の扉を開くための合言葉を手に入れます。ある洞窟は途中で二つに分かれて奥でつながった構造を持っていて、その魔法の扉で仕切られているとします。

次にVさんはお金を払ってでもその合言葉が知りたいが、Pさんが本当の合言葉を知っていると確認してからお金を払いたい、としましょう。

Pさんは「教えてもいいけど、お金をもらうまでは教えたくないよ。」とVさんに伝えました。

そこで、合言葉そのものは教えることなく、正しい合い言葉を知っているという事実だけを証明する方法を考えました。

まず、Vさんは洞窟の外で待ち、Pさんだけ入ります。左右の分かれ道をランダムに選び奥に入るとすると、左右の道を選ぶそれぞれの確率は1/2になります。この時、VさんはPさんがどちらを選んだのかはわかりません。

そのあと、Vさんが左右の道をランダムに選び、Pさんに、「左右選んだ方の道から出てきてほしい」と伝えます。そうすると、Pさんが合言葉を知っていれば反対側にいても合言葉で魔法の扉を開けて通るだけでVさんの選んだ方から出てくる事ができます。

もしPさんが合言葉を知らなかった場合、入った道から出てくる確率は1/2です。

これを何度も繰り返すことによって、何回も成功したならば、Pさんが正しい合い言葉を知っているという事実だけを証明する事ができます。(例えば、10回繰り返すと1/1024の確率でしかPさんは嘘をつけません。)

このように、ある命題が正しいことを証明する場合、相手に「その命題は正しい」ということ以外は何も伝えずに示す方法は複雑な手順を踏むことになります。

これにより、デジタル署名など、秘密の知識を所持していることをもって、本人であることを他の人に示したいが、この秘密自体を誰にも開示しなくてよい認証方式を実現することができるんですね。

少し難しいかもしれませんが、これ以上踏み込むと専門的な話になりすぎて仮想通貨Zcashの話題からそれてしまうので、ここまでにしておきます。

PoW(Proof of Work)

Zcashは発行上限枚数を2100万枚にしてPoW(Proof of Work)を採用する等ビットコインに似た側面を持つため、「第二のビットコイン」とも呼ばれています。

 

Zcashの購入方法

国内取引所ではcoincheckのみ扱っています。以下から購入する事ができます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

Zcashの投資

Zcashのチャート

f:id:hayato_h:20170523090100p:plain

 

Zcash急騰の理由

 

2017年5月22日15時頃一瞬で2倍以上の値上がりを見せる等急激な値動きをしました。

原因とされているのがこの報道です。

JPMorgan Partners With Zcash on Blockchain Security - CoinDesk

英語を読めるかたはわかると思いますが、簡単に言うと世界最大の銀行JPモルガンZcashチームのゼロ知識証明を使用したプライバシー保護のレイヤーをエンタープライズグレードで設計するというものでした。

JPモルガンは時価総額30兆円になりますので、もしZcashの時価総額が30兆円になれば今の3000倍ですね…ありえませんが。

この時間のチャートに限らず、Zcashのトレーダーは反応が早く急激な上げ下げをする事が多いです。投資をする際は短期売買で売り抜けるのが賢明でしょう。

Zcashの今後

Zcashは取引追跡をできない完全秘匿性を持つ仮想通貨であるため、利用者にとってプライバシー保護の利益がある反面、マネーロンダリング等犯罪に使われるケースが想定されます。

ビットコインをはじめとする仮想通貨が普及すれば、誰がいくら使ったかはわかるため、国も課税しやすい等のメリットがあるのですが、Zcashについては将来規制がかけられる可能性があるのではと筆者は考えています。

今後の動向に要注目でしょう。

2017年仮想通貨が暴騰中?今買うならこれだ!仮想通貨ランキング

新時代の決済システムを担う仮想通貨

現在、仮想通貨(暗号通貨)と呼ばれるものの種類の数は700種類以上あると言われていますが、実態の数を把握するのは困難です。

なぜなら、日々新しい仮想通貨が生まれ続けているからです。

今日は、その中でも今から投資するなら迷わずこれだ!というものをご紹介したいと思います。

Ripple

 

f:id:hayato_h:20170519130859j:plain

今月、時価総額ランキングにおいてETHを抜き、ビットコインに次ぐ第二位に躍り出ました。

今年始値から比べると約60倍になっています。100万が6000万になりますね。

現在(2017年5月19日)、急騰を続けており、今後も上げ要因となるニュースが満載ですので、今最も投資対象として過熱していると言えます。

仮想通貨XRPを取り扱っている国内取引所は現在、coincheckのみになります。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ここから簡単に買う事ができるので、買っておきましょう。

 

NEM

 

f:id:hayato_h:20170519131748p:plain

同じく、現在急騰中の熱い仮想通貨の一つがNEMになります。

現在、1XEM当たり約30円の値をつけており、これは今年始値(約0.4円)と比べますと75倍になります。

数か月で100万が7500万になる計算ですね。

NEMについては、今後詳しく記事にしたいと思いますが、「技術的にもビットコインやイーサリアムより10倍優れている」と言われており、今後最も注目される仮想通貨となるでしょう。投資対象としても有望です。

 現在仮想通貨NEMを取り扱っている国内取引所はZaifcoincheckになります。

coincheckはこちら↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Zaifはこちら↓

 

モナコイン

 モナコインは、日本初の仮想通貨(暗号通貨)として注目を浴びています。掲示板サイト「2ちゃんねる」のユーザーが中心となって開発されたものです。

今年始値(約3円)と比べて、現在約42円の値をつけており、数か月で14倍になりました。

現在、取り扱っている国内取引所はZaifのみですが、今後モナコインを取り扱う取引所が増えれば、より値上がりが激しくなるかもしれませんね。

 

まとめ

 

仮想通貨投資をする際、一つ一つの仮想通貨について仕組みや技術的な事を勉強する必要はありません。

なぜなら、投資をする大半の人間はそういった事を理解していないからです。

仕組みや技術的な事を理解せず投資をする方がマジョリティー(大衆)ならば、これから投資を始めるあなたも同じく理解する必要はないのです。

値動きは、常に多数派の資金力によって左右されるからです。

時価総額ランキング上位に既に入り込んでいる上記の仮想通貨であれば長期的にもまず安心です。

したがって、投資対象とする仮想通貨時価総額ランキング上位にあるものがおすすめです。

coinmarketcap.com

参考までに。