2017年最新!ビットコインとは?最新情報と基本情報。

2017年現在、ビットコインが世間に認知され始めてきました。私たちがビットコイン等の仮想通貨で決済をするのが普通になる日はそう遠くはありません。

ここでは、現在2017年ビットコイン最新情報ビットコインとは何か?について理解をしていただきたいと思います。

ビットコインと何か?

ビットコインの基本情報

ビットコイン

通貨単位:BTC,satoshi
発行上限枚数:2100万BTC
承認時間:10分
コンセンサスアルゴリズム:プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

ビットコインの最小単位は1satoshi=0.00000001BTCです。現在(2017年5月26日)、1BTC当たり約30万円ですから、1satoshiは約0.003円ということになります。

もしビットコインの価格が今後上昇し続けても、1satoshiまでは分ける事ができますので、利用する際はビットコインを分けて使う事ができます。投機ではなく、決済の事が考えられている事がわかります。

仮想通貨とは?

ビットコインとは一言で言えば、仮想通貨です。

www.cryptomoney.jp

ビットコインとは何かを理解するためには、仮想通貨とは何かについて考えなければなりません。上の記事では仮想通貨の定義について考察していますので、ご参考までに。

ビットコインは暗号

法定通貨(円)にはお札や硬貨がありますが、ビットコインにはそのような実物がありません。

ビットコインを取引所で買うと、自分の口座である「ウォレット」ビットコインのデータ(暗号)が入ります。さらに買えばウォレットに追加されますし、売ったりどこかに送金したりするとウォレットからビットコインが減っていきます。

イメージとしては、ビットコインのデータをやり取りする、といった感じです。

ビットコインの発行量

法定通貨は各国の中央銀行が発行していますが、ビットコインは、プログラムに従って自動的に発行されています。(例外として、ドルはFRB、ユーロは欧州中央銀行がありますが)

日本では法定通貨は無限に発行する事ができ、金融緩和や金融引き締めによりお金の流通量がコントロールされています。

近年は流通させるお金の量を増やそうと「マイナス金利」をはじめとした金融緩和政策がとられており、膨大な量のお金が流通しました。お金の価値は需給で決まりますから、流通するお金が増えれば、お金の価値は下がる(インフレ)心配があります。

一方ビットコインは発行量の上限が2100万BTCと決まっています。2009年に初めて発行されてから約10分ごとに発行され続け、2140年頃に2100万BTCすべてが発行されます。

現在(2017年5月26日)の発行量は約1635万BTCで約77.9%が発行済となっています。

ビットコインの量は国の金融政策や経済状況に左右される事なく、量が増えすぎて価値が下がる心配もなし。仮想通貨による決済システムが普及すれば、インフレもデフレもない理想的な経済圏が実現するかもしれません。

参考※ビットコイン発行量の計算の仕方

ビットコインは、21万ブロックごとに半減期をむかえる仕組みとなっています。

半減期とは、ビットコインの採掘報酬が半減するタイミングの事です。最初の21万ブロックのマイニング報酬は50BTC、次の21万ブロックは25BTC、その次は12.5BTCといった具合に報酬は半分になっていきます。

先程、約10分ごとにビットコインが発行され続けると言いましたが、これによると21万ブロックでは約4年の時間がかかります。すなわち、約4年ごとに半減期が訪れるというわけです。

Bitcoin Block Explorer - Blockchain

上のページでは最新のブロック数を確認する事ができます。これによると、現在(2017年5月26日)ブロック数は468141ですから、最初の21万ブロックと、その次の21万ブロックは既に生成され、残りは468141-420000=48141ブロックとなりますから、

現在のビットコイン発行量は次の式で計算されます。

210000×50+210000×25+48141×12.5=16351762.5(BTC)

PoW(Proof of Work)とは?

Pow(Proof of Work)(プルーフオブワーク)とは、各取引を認証するために算出しなければならないデータまたはそのようなシステムのことです。直訳で「仕事による証明」

詳しい解説をするとビットコインの話題から大きくそれてしまいますので、ここでは簡単に。

取引の承認には膨大な計算量が必要で、その膨大な計算(仕事)で取引が承認されることにより、ビットコインのセキュリティが保たれている(証明)と考えて下さい。

この時、取引の承認者のことを採掘者(マイナー)、承認作業のことを採掘(マイニング)と呼びます。

ビットコインはどこでどう購入できるのか

www.cryptomoney.jp

ビットコインの購入方法を、はじめての方向けにまとめましたので、こちらの記事を参考にしてみてください。

ビットコインで出来る事

投資

日本でもビットコインの取引所が存在し、安いときに買い、高い時に売れば、差額で儲ける事ができます。

おすすめの取引所は以下の記事で紹介しています。

www.cryptomoney.jp

2017年現在、取引を始める人が急増しています。国内における一日の取引高も上昇しており、一日で300億円相当近くのビットコインが取引されています。

しかし、まだまだ認知度や世間の関心を考えると序章と言わざるをえず、今後、取引する人が増えればさらに投機熱は増す事と考えられます。

決済

現在、代金を支払う手段として現金、クレジットカード、電子マネー、ポイント決済…様々な用途がある中で、ビットコインによる決済システムも台頭してきています。

2017年4月には、あの大手家電量販店ビックカメラもビットコイン決済を導入しました。

www.nikkei.com

ビットコインによる決済システムは、今後大きく普及していくと考えられます。利用者に便利なだけでなく、お店にとってもカード決済より手数料が安い等メリットが多いからです。2020年の東京オリンピックまでに現金以外での決済システムを広げる必要があると言われており、これもビットコインによる決済が普及するきっかけになるでしょう。

送金

ビットコインの最大の魅力は、送金手数料が安く、早く送金できる事です。

これは、特に国際間の送金で大きな力を発揮します。

通常、銀行で海外送金サービスを利用すると一回当たり4000円程度の手数料がかかってしまうだけでなく、数日間の日数を要します。

ビットコインによる送金を行えば、手数料はほぼなし、数分で送金できるなど大変利用価値が高いのです。

これにより、例えば被災地への少額の寄付等も気軽に行えるようになるでしょう。実際、熊本地震被災者に向けて、約46BTC(現在約1380万円)が集まったそうです。

誰が、何のために作ったのか?

これだけ様々なメリットのあるビットコイン。一体誰がどんな目的で作ったのでしょうか?

これについては、実は現在もはっきりしていないのです。

ビットコインは、2008年にナカモトサトシという人物が自身のブログでビットコインについて論文を発表した事が発端とされています。

しかし、ナカモトサトシなる人物の正体は明らかになっていません。本当にナカモトサトシという人物なのか、日本人なのか、男性なのか、わからないのです。

もし名乗り出ればお金も名声も簡単に手に入るはずなので、不思議なのですが、実は、今現在皆さんが当たり前のように使っているインターネットの開発者も誰なのかわかっていないのです。現在のビットコインは、ちょうど黎明期のインターネットに似ています。

暗号技術を駆使して取引をすること、情報を分散させる非中央集権型の構想でセキュリティを保つことの構想に基づき、ビットコインの開発が考えられました。

また、そのプログラムコードをオープンにすることで、改ざんされる事なく世界中のエンジニアから監視され安全性を保っています。

一説では実際にビットコインを開発したのはナカモトサトシなる人物ではなく、そのプログラムコードを使って複数のエンジニアが開発したともいわれていますが

今現在皆さんが使っている日本円も、誰が作ったかは意識せず使われています。

ビットコインは、誰が何のために作ったのかわからない。

しかし、ビットコインのテクノロジーは確かなものであり、信用性が認められている。改ざんできない。コピーできない。世界中が安心な通貨としてビットコインを認めている事はまぎれもない事実なのです。

新しい決済システムの普及を願って、貢献してくれたのだと思われます。

ビットコインの基軸技術「ブロックチェーン」

仮想通貨を支える最も根本的で革命をもたらした技術がブロックチェーンです。

最近では銀行や不動産、証券会社等幅広い用途へ活用され始めています。

jp.techcrunch.com

forbesjapan.com

 

ブロックチェーンとは、情報をネットワークにつながっている不特定多数のコンピュータに分散させ、共有するというものです。

よって、ブロックチェーン分散型台帳技術と呼ばれています。

銀行では中央サーバーで顧客の台帳を管理しており、この中央サーバーが改ざんされないよう巨額の資金が投じられています。中央サーバーがハッキングされないよう、費用をかけて、強固なセキュリティを維持しているのです。

これは、預金の金利やあ振込み手数料、ATMの手数料といった形の負担にいなります。

それに対しビットコインでは、セキュリティにコストがかからない分、送金手数料を大幅に軽減する事ができるというわけです。

ブロックチェーンは広く信用された技術であり、日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行はこのブロックチェーン技術を活用してMUFGコインを2018年度中に一般向けに発行する予定です。

bitcoinlab.jp

ブロックチェーンについて詳しく勉強するとプログラミングの知識が必要となり、ビットコインの説明からはかなり遠ざかってしまうのでここでは詳しく触れませんが、興味のある方は勉強してみても良いでしょう。

イメージとしては、誰がいつ誰にいくら送金したのか、誰がいくらのビットコインを持っているのかなどが記録された”通帳”を不特定多数の人が持っている状態になります。(保有者は匿名でわかりません。)

10分ごとに取引の記録を塊(”ブロック”)にし、それを鎖(”チェーン”)のように繋いでいくのがブロックチェーンというわけです。

 

まとめ

2017年現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨が話題に上ることが増えてきています。今後、仮想通貨による決済システムは急速に普及していくため、ビットコインに興味がなかった人にとっても、ビットコインは無視できない存在となるでしょう。

また、ブロックチェーンという革命的技術の台頭も見逃せません。

時代の変化にともない、重要な役割をもつようになるでしょう。

本記事を通してビットコインに少しでも理解を深めていただければ幸いです。

ビットコインは1円からでも購入できるので、まずは、勉強もかねて1satoshiでもビットコインを持ってみる事からスタートしましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

はじめての仮想通貨の購入方法とその安全性。ビットコインはここでこう買う!

ビットコインをはじめとする仮想通貨がメディアでも取り上げられ、関心が高まってきています。

仮想通貨が決済システムとして当たり前のように使われる日はそう遠くなく、私たちの生活を少しずつ変えていくと言われています。

ここでは、そんな仮想通貨の最も安全でスタンダードな購入方法をお伝えしたいと思います。

取引所で買う

現在(2017年5月25日)、ビットコインをはじめとする仮想通貨の入手方法はいくつかありますが、初心者の方が最も安全に購入する方法は取引所で購入することが基本です。

自分でウォレットを作ったり、ビットコインを購入できるATMも存在するのですが、手続きが煩雑だったり、ビットコインATMの数が少なかったりとはじめての方にとっては難しいのです。

複数の取引所を比べてみる

ビットコインをはじめとする仮想通貨では、安心して売買できる取引所を選ぶ事が必要です。はじめての方には、以下で紹介する国内取引所の三社が特におすすめです。

Zaif

coincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まずは3つの取引所に口座を持ち、どこが一番使いやすいか、買いやすく売りやすいのはどこか比べてみると良いでしょう。

パソコンならここが使いやすいけど、スマホならここ、といったこともあると思います。

また、複数の取引所を試すことで、ビットコインや他の仮想通貨の流動性の高さなども実感できると思います。

口座を開いて買ってみよう

上の3つの取引所に登録したら、口座を開設します。無料登録をしてから口座開設申し込みフォームに必要事項を入力。取引所からは受付完了メールが届きます。次に、運転免許証やマイナンバーなど本人確認書類の提示を求められますので、必要なものはあらかじめ用意しておきましょう。取引所から口座開設完了のお知らせが届いたら、取引開始する事ができます。

ビットコイン等の仮想通貨を買うには、あらかじめお金を取引所に入金しておく必要があり、取引所の口座に振り込みます。そして、取引所の口座に入金が確認されると円でビットコインを買う事ができます。

取引所の安全性

2014年に起きたマウントゴックス社の事件は、ビットコインのブロックチェーン技術が原因ではなく、仮想通貨取引所の不正が問題でした。

取引所によって、セキュリティの強度にも違いがあります。

そこで、こうした事態を防ぐため、「日本ブロックチェーン協会」では、各取引所の安全性を高めるため、守らなければいけないセキュリティ対策を規定しています。

また、今年から改正資金決済法により取引所の安全性はより強固なものになりました。以下の理由から、取引所のウォレットに仮想通貨を入れておくのが、最も安全な方法と言えるでしょう。

セキュリティ対策

コールドウォレット

ウォレット(記録媒体)とは、仮想通貨を入れておくための”財布”のような物で、主に「ホットウォレット」「コールドウォレット」があります。

ホットウォレットはオンライン上に存在して

コールドウォレットはインターネットに接続しないものになります。

つまり、コールドウォレットに顧客の仮想通貨を入れておけばネット上のハッキングから隔離する事ができます。もし取引所が外部からの攻撃を受けても、被害を防げるというわけです。

取引所のコンプライアンス

マウントゴックス事件は内部の犯行が原因でした。当たり前ですが、取引所自体のコンプライアンスも重要で、取引所の従業員が不正をする事のないようにする体制が求められています。また、そうした事態を防ぐため不正感知システムも導入されています。

資産の分別管理

これは、顧客の資産と、取引所の運営に必要な資産を分けて管理するというものです。

FX会社等では既に浸透しているルールで、万が一、取引所が経営破綻したとしても、顧客の資産は守られるというわけです。

Multisignatureの導入

Multisignature(マルチシグネチャ)とは、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てるサービスや技術のことを言います。

複数の秘密鍵を割り当てられたアドレスはマルチシグネチャアドレス(multisignature address)と呼ばれ、通常のアドレスと比べてセキュリティレベルが格段に上昇します。

預かり仮想通貨の管理や、顧客情報、バックアップデータもこの技術により管理されています。

一般的に、マルチシグネチャアドレスの形式は"2 of 3"や"2/3"といったように表され、これは鍵が3つ存在し、そのうち2つの鍵を利用すれば送金が可能ということを意味します。

改正資金決済法

2017年4月に施行された改正資金決済法では、仮想通貨交換業者(取引所)が、金融庁への登録される事が義務付けられました。

すなわち、取引所が金融庁の監視下に入る。という事です。

そもそも、改正資金決済法の目的自体がマウントゴックス事件のような事が二度と起こらないよう利用者を保護する目的で作られており、より安全性は高まったと言えるでしょう。

これにより、取引所は監査法人や公認会計士による監査がなされ、第三者の目により体制がチェックされる事になります。 

そもそも仮想通貨とは?

おまけですがビットコインをはじめとする仮想通貨について認識や理解があいまいな方も多いかと思います。

仮想通貨とは何かについてはこの記事で解説していますので、是非ご覧ください。

www.cryptomoney.jp

 

 

仮想通貨のトークンエコノミーについて!pepecashとは?

ブロックチェーン革命がもたらした変革は留まるところをしりません。

市場はついにトークンエコノミーへと突入しようとしています。

トークンエコノミーとは

トークンエコノミーの定義

「トークンエコノミー」という言葉の定義ははっきりしていません。

ブロックチェーン上に個人がオリジナルのトークン(コイン)を発行して、それらで構成される経済圏の事

これを、総称して「トークンエコノミー」と呼んでいます。

トークンエコノミーの性質

あの”ホリエモン”も絶賛していますね。

twitter.com

誰でも発行することができ、ブロックチェーン上に発行するので当然中央で管理されないのですが、発行数は発行者が決められるようです。
現在は、投資目的で売買されるよりも、コミュニティ内で価値を見出した人の間で交換されている事の方が多いようですね。”地域通貨”みたいなものです。

なので、完全に需給で値段が決まる性質を持っています。

www.youtube.com

こちらの動画も参考になります。

PEPECASHとは

さて、トークンエコノミーについて見てきましたが

最近話題になっているpepecashについても解説したいと思います!

pepecashって何?

pepecashとは、海外版2chの4ch発祥の独自コインの事です。

日本では2ch発祥のモナコインが発行され、現在高騰中です。(2017年5月24日現在)

いわば、海外版のモナコインと言えるでしょう。

”pepe”とは、海外版の”モナ”のことで、カエルをモチーフにしたキャラクターなのです。

モナとペペ↓

f:id:hayato_h:20170524112850p:plainf:id:hayato_h:20170524112920p:plain

pepecashはどこで買えるの?

国内取引所だとZaifでのみ扱われています。ここから購入する事ができます↓

pepecashで何ができるの?

現在、pepecashではトレードカードの売買が主に行われています。

このほか、家や車等不動産の売買もできるそうで、将来的にpepecash決済できる経済圏が広がれば、購入できるものも増えていく可能性があります。

トレードカードの売買ですが、遊戯王カードのレアカードみたいなものを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

海外ではレアぺぺカードという”ペペ”のキャラクターカードが発行され、コレクションとして売買されていました。これに使うのがpepecashというわけです。

同じように、日本でもMemorychainプロジェクトが動き始めました。

Memorychainとは?

Memorychainとは、イラストが描かれたカードをトークンにして売買するプロジェクトの事です。

Memorychainについてもきちんとした定義というのはなされていないのですが、カードをトークン化して、流通させる取り組みの事をそう呼んでいます。

イラストに描かれるのは仮想通貨に関するイベント出来事など、仮想通貨業界で記憶に残る(Memory)ものが多いです。例えば、以下のようなものです。

f:id:hayato_h:20170524120138j:plain

この他、日本特有の”萌えキャラ”もイラスト化して売買されています。

f:id:hayato_h:20170524120316j:plain

そして、これらを買うのに必要なのがpepecashというわけなのです。

pepecashの今後

現在、pepecashの発行数は限定されており、希少価値は時間と共に高まっていくと考えられます。

時価総額175億円程度(2017年5月24日現在)ですが、日々高値を更新しており、将来的に100倍200倍になっても不思議ではありません。

pepecashのチャート

f:id:hayato_h:20170524121022p:plain

過去1か月のチャートを見てみますと、短期間で約5倍になっている事がわかります。

これは、pepecashが認知され始めて関心が集まってきている証拠と言えるでしょう。

pepecashの投資

このように、市場に人気が出てくるにつれて、pepecashの値段は大きく上昇してくると見込まれます。

基本は長期ホールドが良いでしょう。

まとめ

トークンエコノミーの普及により、今後世の中の経済システムは大きく変わるでしょう。

見てきた他にも行政でも自治体が自ら電子通貨を発行して資金調達し、地域の魅力をあげることで"地域時価総額"をあげていったりするのではないかと思います。

pepecashはその一つですが、今後間違いなく市場が拡大していくだろうと思われます。

参考までに。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で